メジャーに詳しくなりたい人必見!2018年投手WARトップ10一流メジャーリーガーまとめ!前半

メジャーリーグの投手は本当にレベルが高いですよね。

 

マー君ダルビッシュマエケンNPBでは超一流だったピッチャーが、

 

メジャーにいけばそこそこ優秀~普通レベルのピッチャーになってしまうわけですから。

 

そんな化け物ぞろいのメジャーリーガーたちの中でも、

 

2018年WARが高かった選手上位10人を紹介していきます。

 

あー、ヤクルトにも1人くらいきてくれないかねえ。

 

でもまあポジヤクの僕から言わせてもらうとうちは投手王国だし、どっちでもいいかな。

投手王国ヤクルトご自慢の先発ローテ2019を見てよ - きままにまったり

 

MLBの公式が、これら10選手のハイライト動画を投稿しているので、

 

読む前・後どちらでもいいので見てみてはどうでしょうか。

 

↓こちらがリンクになります

2018's Top 10 Pitchers by WAR - YouTube

 

 

 

 

 

10位 ゲリット・コール/Gerrit Cole

ヒューストン・アストロズ #45

 

2011年MLBのドラフトで全体1位で指名された投手。

 

2018年1月にパイレーツからトレードでアストロズに入団しました。

 

2017年は203イニングを投げ、2年ぶりの2桁勝利をあげたものの、

 

本塁打31本と激増し、防御率キャリアワーストの4.26を記録しました。

 

移籍後の2018年は2年連続となる200イニングに到達し、防御率は2.88は高水準を記録。

 

勝敗も前年の12勝12敗から15勝5敗と、新天地で素晴らしい成績を残しました。

 

17年と18年で大きく変わったのが「奪三振」。

 

ほぼ同イニングを投げたのにもかかわらず、奪三振数は196個から276個と激増

 

奪三振数はリーグ2位で、「奪三振」だとリーグトップでした。

 

まだ28歳なので、今年以降もっと良い成績を残しそうなコール選手に期待しましょう。

 

 

 

トレバー・バウアー/Trevor Bauer

クリーブランド・インディアンス #47

 

今年4年連続となる2桁勝利をあげ、初めてオールスターに選出された選手。

 

2016年のリーグチャンピオンシップシリーズで先発登板したものの、

 

趣味のドローンを操縦していた時に負傷した小指から再出血をしたのを理由に1回途中で降板した

 

なんてエピソードも持っている選手です。

 

リーグチャンピオンシップシリーズとは、メジャーのポストシーズンの1つです。

 

ポストシーズンに関してはこちらの記事で詳しく紹介しているので、

 

ポストシーズンについて詳しく知りたい方はぜひこちらのリンクからどうぞ。

 

今年からMLBも見たいけど全く知識がない野球ファン必見! リーグの違いは?シーズンの試合は?ポストシーズンの仕組みは? - きままにまったり

 

 

そんなバウアー選手は今年怪我で離脱期間があったものの、

 

175イニングを投げ12勝6敗、リーグ2位となる防御率2.21を記録しています。

 

動く速球と評価が高いカーブを中心した変化球を駆使し、

 

高い奪三振率を誇ることでも知られています。

 

ちなみに、このバウアー選手と先ほど紹介したコール選手は

 

同じ大学の同学年で、2枚看板投手として活躍しており、

 

バウアー選手もドラフトで全体3位指名を受けています。

 

2018NPBドラフトで大阪桐蔭から2人ドラ1指名をもらったみたいなものですね。

 

来年はどちらがいい成績を残すのでしょうか?期待しましょう。

 

 

コーリー・クルーバー/Corey Kluber

クリーブランド・インディアンス #28

 

2度のサイ・ヤング賞受賞経験のある右腕。

 

特に圧倒的な成績を残しているのが2回目のサイヤング賞受賞となった2017年。

 

1か月離脱していたのにもかかわらず18勝をあげ最多勝を獲得。

 

5完投3完封もリーグトップで、最優秀防御率も獲得し最多勝と合わせて2冠。

 

2018年も彼のハイレベルな投球は健在で、

 

リーグトップとなる215イニングを投げ、20勝をあげました。

 

彼の投球で特徴的なのが「スライダー」です。

 

高速スライダーと低速スライダーを投げ分けているらしいですが、

 

曲がりが半端ないです。

 

YouTubeで見ましたが、パワプロみたいに曲がります

 

ちなみに、低速スライダーは場合によってはカーブと呼ばれることがあるようですが、

 

クルーバー選手本人は変化球の総称である「ブレイキングボール」と呼んでいるそうです。

 

大谷翔平選手が去年クルーバー選手から2号ホームランを打った時は話題になってましたね。

 

そのころ僕はクルーバー?誰やそれ。と思っていたにわかでしたけど笑

 

2回のサイヤング賞とった投手からホームラン打った大谷すごい。

日本人すごい。

日本人の俺すごい。

 

 

ジャスティン・バーランダー/Justin Verlander

ヒューストン・アストロズ #35

 

9年連続を含む13回の2桁勝利をあげた、35歳のベテラン投手。

 

2017年シーズン途中ににデトロイト・タイガースからトレードでアストロズに入団し、

 

5先発5連勝、ポストシーズンでも大活躍と、

 

2017年のアストロズWS制覇に貢献しました。

 

クソにわかの僕もさすがにここで知りましたね。

 

2018年も期待通りの活躍を見せ、214イニング、16勝9敗

 

さらに290奪三振奪三振王を獲得、35歳にしてキャリアハイの奪三振となりました。

 

もうすぐ36歳を迎えるバーランダー選手ですが、まだまだ一線で活躍しそうです。

 

 

クリス・セール/Chris Sale

ボストン・レッドソックス #41

 

サイドスローのようなフォームからえげつないボールをなげる左腕。

 

2016年オフにトレードでホワイトソックスから入団すると、2017年に大活躍。

 

通算1290イニングでの1500奪三振を達成しましたが、これはMLB最速記録。

 

ペドロ・マルティネスと自身が持つMLB記録「8試合連続2桁奪三振」を記録するなど、

 

合計308奪三振という驚異的な数字を残しました。

 

前述しましたが、サイドスローのような彼のフォームがすごく特徴的で、

 

めちゃくちゃかっこいいんです。

 

フォーシームがズバズバ決まって、見惚れてしまいます。

 

今回紹介した選手の中で一番好きかも。

 

 

 

 

これで前半は終了です。

 

5位以降はまた後日投稿するので、そちらもぜひ読んでいただけると嬉しいです。

 

野手もちょいちょい書いているので、

 

ぜひこちらも読んでみてください。

 

MLBに詳しくなりたい初心者必見!一度は聞いたことある有名メジャーリーガーまとめ! その1 - きままにまったり

 

 

Twitter始めました。良かったらフォローお願いします。

@Newisland_Ys

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村