受賞したとき役に立つ芥川賞・直木賞クイズ 早押しクイズ対策#9

前回↓

夏目漱石クイズを勉強して漱石と友達になろう 早押しクイズ対策#8 - きままにまったり

 

 

みんはやの1vs1のほう、AとA+をひたすらシャトルランしてる。

 

AとA+はマジで全体の平均レベルがかなり離れてる気がするな・・・

 

スプラでB帯だと無双できるのに、A帯だと急に一般人レベルみたいなやつ。

 

みんなで対戦のほうはSのせたけど、怖くてもぐれてません。笑

 

はい、ということで今回のテーマは「芥川賞直木賞」(の基本)です。

 

受賞作品の中でも結構細かいところを突いてくる問題もありますが、

 

今回はこれらの賞の基本をまずおさえていくことを目標としています。

 

 

 

 

 

 

 

1.芥川賞直木賞を創設したのは誰?

 

2.芥川賞直木賞はそれぞれどういったジャンルの作品が受賞対象となる?

 

3.芥川賞直木賞のうち、新人のみ受賞対象となっているのはどっち?

 

4.現在両賞の授賞式が行われているのはどこ?

 

5.両賞に共通する、受賞者に贈られる正賞とは何?

 

6.現在両賞の選考会が行われることでも知られている、日本三大料亭の1つの名前は?

 

7.芥川賞直木賞それぞれで最年長・最年少受賞記録を持っているのは誰?

 

8.芥川賞直木賞で第一回に受賞した人物はそれぞれ誰?

 

9.2018年下半期の第160回芥川賞直木賞を受賞した人物はそれぞれ誰?

 

10.芥川賞直木賞が世間に大きな影響を与えるきっかけとなった受賞作品「太陽の季節」を執筆した、2012年10月まで東京都知事を務めていたことでも知られる人は誰?

 

11.芥川賞受賞作家で唯一名前に「クイズ」が入っている人物は誰?

 

 

 

 

 

 

1.菊池寛

文藝春秋の創刊者でもあります。

彼の友人であった芥川龍之介直木三十五の業績を記念してつくられました。

 

2.芥川賞純文学 直木賞大衆小説

純文学は「娯楽性」よりも「芸術性」に重きをおき、

大衆小説は「芸術性」よりも「娯楽性」に重きをおいた作品のことです。

純文学・大衆小説それぞれで派生がたくさんあり、すべて覚えるのは大変なので、

今回はこれくらいを覚えておけばOKでしょう。

ちなみに、純文学の始まりは二葉亭四迷の『浮雲からで、

「純文学」という言葉が生まれたのは北村透谷の『人生に相捗るとは何の謂ぞ』の論評からだと言われています。

 

3.芥川賞

直木賞も以前は芥川賞と同じく新人作家のみに対する賞でしたが、

中堅作家も受賞するようになりました。

 

4.帝国ホテル

日本を代表する高級ホテルの1つで、「ホテルの御三家」の1つとも呼ばれています。

ちなみに、残りの2つはホテルオークラホテルニューオータニです。

前までは東京會舘で授賞式を行っていたのですが、

東京會舘の建て替えを機に帝国ホテルで行われることになりました。

 

5.懐中時計

なぜ懐中時計が贈られるかというと、

両賞が創設された当時、新人作家や賞の受賞を目指す作家たちは貧しい人が多く、

受賞した人が時計を換金することでお金に困らないようにしてあげる

ということを意図していたからだそうです。

副賞として100万円ももらえるし、さすがに今の時代で換金する人はいなさそう。

 

 

6.新喜楽

日本三大料亭」および「日本二大料理屋」の1つに数えられる料亭。

ちなみに日本二大料理屋が新喜楽と「金田中」で、

これに「吉兆」を加えたものが日本三大料亭となります。

例年、1階で芥川賞の選考会が、2階で直木賞の選考会がそれぞれ開かれています。

ちなみに、選考しているのは文藝春秋内に事務所を持つ「日本文学振興会」で、

現在両賞とも選考委員は9名となっています。

 

7.芥川賞の最年少→綿矢りさ 最年長→黒田夏子

  直木賞の最年少→堤千代 最年長→星川清司

 

綿矢りささんは2003年下半期(第130回)に19歳11か月で受賞。

受賞作は『蹴りたい背中』で、

ほかの代表作として文藝賞を受賞した『インストール』などがあります。

 

黒田夏子さんは2012年下半期(第148回)に75歳9か月で受賞。

受賞作は『abさんご』でした。

 

堤千代(つつみ ちよ)さんは1940年上半期(第11回)に22歳10か月で受賞。

受賞作は『小指』などでした。

直木賞初の女性作家としても知られています。

 

星川清司さんは1989年上半期(第135回)に68歳2か月で受賞。

受賞作は『小伝抄』でした。

 

8.芥川賞石川達三 直木賞川口松太郎

石川達三は『蒼茫』で受賞。

川口松太郎『風流深川唄』『鶴八鶴次郎』『明治一代女』で受賞。

 

9.芥川賞上田岳弘、町屋良平

  直木賞真藤順丈

 

上田岳弘(たかひろ)さんは『ニムロッド』、町屋良平さんは『1R1分34秒』で受賞。

 

真藤順丈(しんどう じゅんじょう)さんは『宝島』で受賞。

 

イムリーな問題なので、クイズ以前に知っておいたほうがよさげ。

 

10.石原慎太郎

1956年の受賞作品となった『太陽の季節』はベストセラーとなり、

太陽族」という新語が生まれ、石原慎太郎さんの髪形をまねた「慎太郎カット」が流行るなど、

これ以降の受賞作品が大きく取り上げられるきっかけとなりました。

 

11.奥泉光

お”くいず”みってことですね。そんだけです。

 

 

 

細かいのをまとめる記事をつくるかどうかは不明。

 

周辺知識があんまりいらなさそうやつはそこまでつくる気はないかなあ。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村 にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村