大学ではずれ講義を引いてしまったときの対処法 消極的でなく積極的にさぼれ!

f:id:mequizball:20190406180958j:image

 

そろそろ大学の授業が始まってきています。

 

大学の講義って結構当たりはずれが激しく、

 

はずれを引いてしまう・必修がはずれみたいなことが多々あると思います。

 

今回はそんな講義を引いてしまったときの 僕なりの上手な対処法を書いていこうと思います。

 

 

受動的で退屈な授業がだるすぎる

f:id:mequizball:20190406181135j:image

 

典型的なはずれ講義の特徴は、

 

①レジュメの内容を読み上げてるだけ(若干追加の話はする)

レジュメをひたすら読み上げて、授業してる風のやつ。

 

こっちもただ聞いてるだけだから眠くなる。

 

レジュメに書いておらず、直接教授から聞きたいと思える話をしてくれるならともかくね・・・

 

レジュメみればわかることを淡々としゃべってるだけの講義がマジであるんですよ。

 

通常の人間ならなんで俺こんなとこいるんやろ・・・って悟りを開くでしょう。

 

 

②周りの私語でうるさい、それを注意しない(してもうるさい)

これ本当に意味不明。

 

出席とらない講義にもかかわらずわざわざ教室まで来てべちゃくちゃ喋ってる人間がいっぱいいます。

 

①と②が重なった授業とかマジで絶望感でいっぱいになります。

 

うるさいと本当に話が入ってこなくてイラつきますよね。

 

③単純に教授の説明がわかりづらい

何をやってるのか本当に意味がわからない人がたまにいますよね。

 

会計とか数学とかであったんですけど、

 

これ確実に書籍を読んで勉強したほうがええやん・・・って思ったことがあります。

 

 

 

受動的に講義を聞いてても何も入ってこない

f:id:mequizball:20190406181215j:image

僕の場合 とっても興味がある講義内容か、話がうまく聞いてて楽しい講義でないと話が入ってきません。

 

そんな僕がそういった環境の講義を受けても時間がもったいないだけやん、って思ってしまいます。

 

人はその日の話の内容のほとんどを翌日には忘れるなんてよくいいますが、

 

モチベーションが低いまま話を受動的に聞いていたらその講義の内容なんて何一つ覚えていないまま時間がすぎます。

 

なら、その時間は他のことに使うべきでしょう。

 

嫌なら履修登録しないべきでは?という意見に対しては、

 

必修で絶対にそれの単位をとらなければいけない・その講義内容の勉強はしてみたいが講義を受ける意味はないと感じた

 

というときに限るので、それに当てはまらない場合は僕も履修変更すべきだと思います。

 

 

出ずに勉強する・単位をとる方法

f:id:mequizball:20190406181308j:image

ということで、そういった講義に出るのがあほらしくなった僕は出るのをやめました。

 

ただ 出なければレジュメをもらえないし、

 

レジュメがウェブ上にあげられている場合でも大事なところは講義中に穴埋めするとかいって空欄の場合があります。

 

でも出たからと言って講義時間のほとんどは騒がしい中レジュメの読み上げを聞くだけ。

 

こういうときにおすすめの、僕もやっている方法は「講義を受けている人から情報を売ってもらう」ことです。

 

僕は友達に とある講義分の全レジュメ情報プラスアルファ講義中の発言メモを2000円で売ってもらい、それで勉強しました。

 

優しい人ならタダでくれるかもしれませんが、正直図々しすぎるのでやめたほうがいいです。(売ってもらうのも普通に図々しいのは承知ですが)

 

僕が情報を提供する側なら出てない奴にタダで講義内容を教えるなんてイラつきますからね。

 

ただ、正直2000円でも安いよなって僕は思います。

 

1コマ90分で、これが例えば10回分なら900分=15時間

 

講義すべて受けたら膨大な時間になります。

 

この時間をすべて他の勉強のために効率的な時間をすごすことができるとおもえば、

 

2000円でも安すぎるくらいです。

 

 

この方法を使うときの注意点

f:id:mequizball:20190406181420j:image

正直講義をさぼって他の勉強するなんて外道な方法ですし、当然注意点もあると思っています。

 

①手に入れた90分を無駄にしてはいけない

かっこつけて講義に出るのやめたとか言っていますが、

 

講義をさぼっていることにはかわりありません。

 

どれだけ無駄な時間だと感じていたとしても、少なくとも90分間若干は勉強をしていたわけです

 

本来勉強していたはずの90分をあえて捨てているわけですから、

 

その講義を受けることより有意義だと思う時間をすごさなければいけません

 

僕は浮かせた時間はまずその講義のレジュメの勉強をし、

 

確実に時間が余るのでその後はニュースに目を通したり本を読んだりしていました。

 

今年もそういう時間ができたのであれば、ブログを書いたりProgate(プログラミング)で勉強したりすると思います。

 

勉強から逃げるための消極的なさぼりではなく、

 

より濃い90分の勉強時間をすごすという積極的なさぼりにしましょう。

 

②レジュメにない聞くべき話を連発する講義なら絶対出ろ

レジュメ読み上げ方式が基本でも、捕捉でしっかり説明してくれる講義は当然ちゃんとあります。

 

ここまでの内容だと 僕がサボり魔で、大学行ってる意味ないんじゃ?って奴だと思われるかもしれませんが、

 

メモじゃわかりづらい、実際に話を聞いた方が圧倒的にわかるいい話をしてくれる講義にはきっちりかっちり出ています

 

そういった教授の講義はきちんと教室が静かに保たれているので集中もできます。

 

僕が言いたいのはレジュメ読んでるだけのしょーもない講義に出てる暇があったら別のことして有意義な時間をすごしましょう、ってことです。

 

③出欠確認や小テストがあるなら出ろ

まあ当たり前ですけど・・・

 

いい成績をとっておくにこしたことはないのでそういうのはちゃんと出ましょう。

 

ただ あとからレジュメでしっかり勉強したら大丈夫そうだなという内容であれば、

 

出席だけしてある程度レジュメ内容を把握し、余った時間は他の勉強をするべきでしょう。

 

 

まとめ

・大学のはずれ授業には出なくてもいい

・出ないならその講義の情報はしっかりゲットしておく

・その場合、タダでせびるのは図々しいから気を付けて

・さぼった時間は他の勉強をして有意義な時間を過ごせ

・当たり授業はさぼらずきっちりかっちり受けろ

 

 

大学生の1日の勉強時間で一番多いのが30分と言われています。

 

逆に言えば、大学できっちり勉強すれば簡単に周りを出し抜けてしまうということです。

 

気合入れて、好きなことでいいから勉強がんばりましょう。

 

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村