アウフヘーベン、ア・プリオリ... Mrs. GREEN APPLEの曲に出てくる哲学用語の意味を解説!

僕が最近好きなアーティストランキング第1位のMrs. GREEN APPLE

 

ヤクルト山田哲人選手が今年登場曲にミセスを2曲使ってるのがめちゃうれしい。

 

(筆者はヤクルトファンです)

 

 

ミセスの曲にはちょくちょく哲学用語が登場しますよね。

 

今回は、その哲学用語を調べてみたので解説していきたいと思います。

 

このブログの本業のクイズにも役に立ちそう。

 

アウフヘーベン

アルバム『ENSEMBLE』に収録されている曲。

 

ヘーゲル弁証法に登場

アウフヘーベンは日本語で止揚(しよう)、揚棄(ようき)と訳されます。

 

ドイツの哲学者・ヘーゲル弁証法の中で提唱しました。

 

・あるものをそのものとしては否定するが、契機として保存し、より高い段階で生かすこと

・矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること

出典元 止揚-Wikipedia

 

うーん、これだけじゃ難しい。

 

アウフヘーベンを説明するには弁証法を解説する必要があるため、

 

弁証法を1から解説していきます。

 

弁証法とは・・・

弁証法

 

ある事象A(テーゼ)と Aを否定するB(アンチテーゼ)が止揚することで、AとBを統合したC(ジンテーゼ)になるということを繰り返すことで矛盾を解決する

 

という考えです。

 

見やすくすると、

テーゼ+アンチテーゼ →ジンテーゼ

という感じ。

 

わかりやすく言うのであれば、

 

ある考え①と、それとは反対の考え②。どちらの意見も取り入れた新しい考えを作り出す

 

というものです。

 

ここでの2つの対立した考えを混ぜ合わせる過程のことがアウフヘーベンです。

 

具体例

具体例に関しては他のサイトで素晴らしいものが挙げられているためそちらも見てみることをおすすめしますが、

 

他サイトで見た具体例を参考にするなどして僕が考えた具体例は、

 

テーゼ→ゲームをしたい

アンチテーゼ→ダイエットのため運動をしなければいけない

ジンテーゼWii Fitで遊ぶ

 

しょーもねえ・・・

 

テーゼ→プリズンブレイクにはまってしまった

アンチテーゼ→定期テスト2週間前なので遊んでいる時間はない

ジンテーゼ→一日〇時間勉強したら1-2話見てもいいこととする

 

シーズン4の途中まで見てダレてみるのやめちゃった。

 

このように、

対立した意見の両方を取り入れて新しいより良い案を考えるのが弁証法で、

対立した意見を混ぜ合わせるのがアウフヘーベンでした。

 

 

ア・プリオリ

7thシングル「青と夏」に収録されている曲。

 

ア・プリオリとは・・・

 

まずはざっくりとした意味から。

カントは、人間が普通の理性を働かせるとき、時間や空間などある程度数学的・物理学的なものは経験的認識に先立つ「先天的な認識」に基づいていると言えます。これを「ア・プリオリ」と言います。

出典元 齋藤考のざっくり!西洋思想

 

これだけ見てもわかんねえ・・・

 

これを説明するためにまずはイギリス経験論について説明します。

 

イギリス経験論とは

ジョン・ロックやヒュームなどに代表されるイギリス経験論。

 

ざっくりいってしまえば、

 

人間が持っている知識はすべて経験したものから得ている

 

ということです。

 

生まれた時点では人間は白紙=タブラ・ラサの状態で、(高校倫理でやったなあ・・・)

 

物事を経験していくことで知識をたくわえていくというわけです。

 

この考えに対する批判として出てきたのがカントのドイツ観念論であり、ア・プリオリ

 

時間や空間などは経験する前から認識している、つまり経験せずとも人間はそのことを理解している という考えです。

 

はあ・・・これ以上説明できないので、これを踏まえてなぜタイトルがア・プリオリなのかを考察していくこととしましょう。

 

なぜタイトルがア・プリオリ

※これは僕の完全な推測であり、本当ではない可能性の方が高いのでそれを前提として読んでください。

 

先ほどア・プリオリ「先天的認識」だと説明しました。

 

この曲の1番のサビは、

 

あれだけ言ったのにバカね

期待をしたら傷つくだけと

あれだけ言ったのにまた、ね

繰り返す意味

産まれた不思議

ア・プリオリ-Mrs.GREEN APPLE 作詞 大森元貴

 

です。

 

「わかっていたのに・・・」ということを表現している

ア・プリオリ「先天的認識」

ということなのではないでしょうか。

 

と、ア・プリオリについて調べているときに思いました。

 

繰り返しますが、僕の勝手な推測であることを踏まえて でお願いしますね。

 

 

今回はミセスの曲に出てくる哲学用語について解説しました。

SimPleに出てくる哲学用語の解説記事も今度出そうかな・・・