高津斎藤隆体制で「メジャー式ブルペン」をヤクルトは導入するのか

高津監督が正式に確定した2020ヤクルト。

田畑投手コーチも退任し、新投手コーチとして斎藤隆の招聘の可能性がかなり高い。

斎藤隆はまだ確定ではないとはいえ、

メジャー経験者の2人が指導者に入ることで「メジャー式投手運用」が導入されるだろう。

そのひとつがブルペンの準備法だ。


MLBではブルペンであまり投げない

NPBでは一度肩を作った後、登板前にもう一度肩を作るのが主流のよう。

しかし、ゲーム展開によっては肩を何度か作るだけ作って結局投げない なんてことも多くなり、

登板自体はしていないけどブルペンで毎日投げてるから、疲労や故障の原因になると考えられる。

神宮にいくとよくわかるが、

はやい段階から数人がブルペンで肩を作るけど、結局投げない人もいる

なんてことが普通にある。

一方、メジャーでは登板予定のピッチャーは前のイニングに連絡が来て、

短時間で肩を作らなければならない。

日本では最低でも2回は肩を作るのが主流ということで不安もあるかもしれないが、

メジャーではそれが普通だし、ブルペンで無駄な球を投げずに済むので消耗が抑えられる


消耗が減り、継投も明確に

短時間で肩を作るということは、肩を作ったらその後すぐ必ず登板するということ。

前述の通り、肩を作るだけ作って投げないということがなくなるので、

無駄な球数をブルペンで使うことがなくなる

登板しない日に投げなければ消耗が減って、見た目の登板数より大幅に負担が減ることが期待される。

継投する側はゲームの流れを読んで的確に準備させなければいけないので難しいが、

決まった人が順番に投げることで継投も明確になり、リリーフ陣も準備がしやすいだろう。

少ない球数で1回だけ肩を作ることにはいくつものメリットがあるのだ。


高津投手コーチのときはやっていた

実はこれ、高津が投手コーチ時代のときに実践されていたようだ。

田畑が投手コーチになってから廃止されてしまい今のような状況になっているわけだが、

高津監督になるのでおそらく復活するだろう。

秋吉が登板過多になっても数年持っていたのはこの調整法のおかげというのもあるかもしれない。

(秋吉がただただ鉄腕ってのもあるだろうけど・・・)


リリーフ全体の底上げに繋がる

勝ちパターンの消耗を抑えられるのはもちろんだが、

敗戦処理の役回りの選手たちの負担が大きく軽減されそうなのがポイントだ。

2019の9月でいうと平井坂本大下が奴隷のように投げさせられまくっていたが、

肩を作るときにも相当投げているだろう。

去年の圧倒的酷使で壊れた風張中尾もそうだし、

異常な登板間隔で投げさせられるのはもちろん、

ブルペンで肩を作りまくってそこで消耗している、ということがあるだろう。

敗戦処理を集中的にやらせて壊してまた次・・・だと

ただただしょっぱい位置で使い潰しているだけでかわいそうなので、

ブルペンの準備法を変えることで特にビハインド要員たちの働き方改革が行われるのを期待する。

良かったらTwitterフォローお願いします!
普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村