2019年メジャーで打撃タイトルを獲得したスター選手を紹介!ア・リーグ編

メジャーもレギュラーシーズンが終わり、成績が確定。

野球ファンとして、メジャーのタイトルホルダーくらいは押さえとこうや!

っていう企画です。今回はア・リーグ編。

打率・本塁打・打点・盗塁・OPSのタイトルホルダー+2位の選手を紹介していきます。

ナ・リーグ編のリンクは記事の最後に。

打率

首位打者 ティム・アンダーソン

.335 18HR 56打点 OPS.865
ホワイトソックス #7 遊撃手

2018年までのメジャー3年間の通算打率は.258でしたが、今季は急激に飛躍を遂げ首位打者を獲得。

2018年までは低打率で20本ほど打つ中距離打者という成績でしたが、

今季は本塁打数はそのままに打率が急激に上昇。

打率はとても高いですが、四球数はなんと15。

毎年四球は少ないので、もとから全然選べないぽい。

ちなみにショートということで、守備もめちゃんこうまいです。


2位 DJ ルメイユ

.327 26HR 102打点 OPS.893
ヤンキース #26 二塁手

ロッキーズに在籍していましたが、今季からヤンキースに移籍。

2016年首位打者が移籍後もしっかりと成績を残しました。

本塁打

ホームラン王 ホルヘ・ソレア

.265 48HR 117打点 OPS.922
ロイヤルズ #12

去年までのメジャー5年間で通算本塁打38本だったソレアがなんとホームラン王に。

これが飛ぶボール+フライボール革命の影響なのでしょうか、

ホームランが増えた選手ばかりですが、タイトルをとってしまうほど増えるのはすごいですね。

2位 マイク・トラウト

.291 45HR 104打点 OPS1.083
エンゼルス #27 外野手

トラウト定期。

通算打率.305 通算OPS1.000の化け物。

終盤に怪我してしまったのが痛かったですね。

来季も大谷と一緒に活躍してポストシーズンいってほしいね〜

打点

打点王 ホセ・アブレイユ

.289 33HR 123打点 OPS.834
ホワイトソックス #79 一塁手

毎年高打率を残し本塁打や打点も安定して稼ぐ32歳がメジャー初打撃タイトルを獲得。

2014年にキューバリーグからメジャーに移籍し、

アルバート・プホルス以来の新人で3割30本100打点を達成し、満票で新人王を獲得しています。

2位 ザンダー・ボガーツ

.309 33HR 117打点 OPS.939
レッドソックス#2 遊撃手

初めて30本に到達し3割30本30打点を達成。

OPSも.900乗ってるし見栄え的にはアブレイユより好き。

ショートとしてはアンダーソンのほうが好きかな〜

2017年WBCにオランダ代表として出場していたことでも知られています。


盗塁

盗塁王 マレックス・スミス

.227 6本塁打 37打点 46盗塁 OPS.635
マリナーズ#0 外野手

打撃成績は落としてしまったものの、2年連続40盗塁で初の盗塁王を獲得。

2位 ラウル・モンデシー

.263 9本塁打 62打点 43盗塁 OPS.715
ロイヤルズ#27 遊撃手

盗塁王争いをする選手って、NPBでもそうですけど打撃成績がいいってわけじゃないんですよね〜

セリーグはここ数年でいっても山田哲人が圧倒的だし、

田中広輔も去年までは良かったし、

近本は新人というのを抜いてもなかなかいい成績だったし、

セリーグはわりかし打撃のレベルも高いかも。

OPS

1位 マイク・トラウト

OPSおばけが今年もア・リーグ1位に。

成績などは割愛。

2位 ネルソン・クルーズ

.311 41HR 108打点 OPS1.031
ツインズ#23 指名打者

本塁打王・打点王獲得経験もあるクルーズ。

今季からツインズに移籍し、めちゃくちゃ見栄えのいい成績を残しました。

今回紹介した選手の中で一番見栄えよくないですか???

Ys村上がこれくらいの成績残したらな〜うひょ〜


ナ・リーグ編はこちら
2019年メジャーで打撃タイトルをとったスター選手を紹介!ナ・リーグ編 - きままにまったり

良かったらTwitterフォローお願いします!
普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村