ヤクルト フェニックスL野手最終成績2019まとめ

選手名 打率 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 出塁率 四球 失策
塩見泰隆 0.310 71 22 9 20 3 0.372 7 1
村上宗隆 0.365 52 19 5 13 4 0.522 17 3
中山翔太 0.450 40 18 2 11 1 0.522 6 1
吉田大成 0.288 59 17 1 6 1 0.311 2 2
廣岡大志 0.327 49 16 4 9 0 0.411 7 0
古賀優大 0.410 39 16 1 6 0 0.452 3 0
濱田太貴 0.241 58 14 1 5 1 0.302 5 0
宮本丈 0.237 59 14 0 6 3 0.308 6 1
山崎晃大朗 0.235 34 8 0 5 3 0.278 2 0
渡邊大樹 0.250 28 7 1 5 1 0.323 3 0
松本直樹 0.412 17 7 0 3 0 0.500 3 0
松本友 0.159 44 7 0 5 0 0.196 2 1
大村孟 0.583 12 7 0 4 0 0.615 1 0
内山太詞 0.250 4 1 0 2 1 0.625 4 0

 

※手動入力のため安打数、打数などのミスで多少のズレがある可能性があります

※ホームラン数は僕の調べミスで間違っている可能性があります(基本大丈夫だと思う)

 

ミスがあるかもしれないので、後日もう一度入力し直します。

 

所感

廣岡・松本直は怪我?

廣岡は後半全く試合に出てないので怪我ぽいですが、軽傷らしい?(これソースはTwitterなので不確定)

秋季キャンプ不参加の情報も出てるので、かなり心配です。

 

松本直樹も同様にあまり試合に出ておらず、秋季キャンプ不参加。

 

村上塩見はチート級

村上・塩見はもうフェニックスレベルではなさそうだ。

 

村上はやっぱりもうすでに2軍じゃ敵なしって感じの貫禄の成績。

 

塩見は盗塁をするのはもちろんホームランを量産しパワーフォルム化。

 

打点が飛びぬけてるのは10/19に3ラン、満塁ホームランを含む8打点をやってるからですね。

 

打席は少ないものの活躍した選手

古賀もなかなか打ちますね。

松本も出ている頃はそれなりに打っていて、正捕手争いが面白くなりそう。

 

大村が26日に初出場して3日連続スタメン、12打数7安打と大活躍。

 

濱田が成績ダウン

濱田は序盤かなり成績が良かったのですが、後半につれてどんどん成績を落としてしまった。

最終戦は試合に出なかったし、ちょっと心配。

 

 

フェニックス成績の信用度

このフェニックスリーグの成績がどれくらいあてになるのか、というと、

 

・去年谷内が19安打、藤井が15安打、渡邊が14安打して3人とも打率3割

・廣岡の現時点での成績は去年とほぼ変わらず。試合数が少ないだけ

 

う~ん、これだけ見るとフェニックスで調子がいい=来年活躍間違いなしとは言いづらい。

 

そもそも、フェニックスは韓国の球団や独立リーグの選手も出ているため、

 

ファームより若干レベルは落ちる。

 

ここで打てないと話にならないが、打てたからと言って来年1軍で打てるとは限らないのかな。

 

秋季練習でやったことを実践で試す場、くらいで考えておいた方がいいかもしれない。

 

ただ、忘れてはいけないのは去年村上がフェニックスリーグ史上最多本塁打を塗り替えたという点。

 

2009年 中田翔の6本が最多だったのが、去年村上が9本打ったことで更新されました。

 

その村上は今年1軍で36本打ちましたね。

 

塩見は今年6試合を残して8本も打っていて、ファームでもホームランは出ているので

 

来年以降1軍でもホームランを量産するようになるかもしれませんね。

 

投手成績まとめはこちら。

 

良かったらTwitterフォローお願いします!

普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


東京ヤクルトスワローズランキング