遊撃手で大成した選手はドラフト何位で何卒のことが多いのか?

ショート。それは野球の花形。

投手っていう人も多いけど、僕はショートの方が好きだな。

プロでもショートを守り続けるのは難しく、

アマチュアで名手と言われた選手でもプロではショート失格、なんてことはよくあります。

そう考えると、

プロでショートとして活躍できる選手って上位指名だけなんじゃね?

って思いませんか?

最近社卒の3位ショートが活躍してるイメージもあるから、上位=3位までに指名されないとプロでもショートは厳しいんじゃ?

と僕は思いました。

ということで、今回は

歴代レジェンドショートたちは何位で何卒なのか?
2010年代にショートを多く守った選手は何位で何卒なのか?

を調べていきます。

下位指名からショートとして活躍した選手はいったいどれくらいいるんでしょうか。

贔屓のヤクルトが5,6位でお得意のショート指名(高卒の長岡くん・武岡くん)をしたので、気になっちゃいました。

歴代レジェンドショートたち

あまり古すぎない程度に、僕が思いつく程度にリストアップしました。

坂本勇人   高卒 1位
松井稼頭央 高卒 3位
鳥谷敬   大卒 自由枠
井端弘和   大卒 5位
宮本慎也  社卒 2位(逆指名)
池山隆寛   高卒 2位
石井琢朗   高卒 ドラフト外
野村謙二郎  大卒 1位
西岡剛 高卒 1位
小坂誠 社卒 5位
高橋慶彦 高卒 3位
川崎宗則 高卒 4位
川相昌弘 高卒 4位

こう見ると、意外と下位指名でも出てきているように見える。

高卒の下位からは出る可能性が比較的あると言えるのではないでしょうか。

逆に、大社卒からショートのレジェンドが生まれることは本当に非現実的ってことになりそうです。

でもまあ、レジェンド+ショートという母数が圧倒的に少ない中からそう決めつけるのはおかしな話ですけどね。


10年代各球団スタメン級選手

※赤文字は各球団でショートとして長く活躍した選手
1年でもショートで出場試合数が多かった選手はカウントしてます。

巨人

坂本勇人 高卒 1位

横浜

石川雄洋 高卒 6位
梶谷隆幸 高卒 3位
山崎憲晴 大卒 3位
倉本寿彦 社卒 3位
前田大和 高卒 4位

阪神

鳥谷敬 大卒 自由獲得枠
前田大和 高卒 4位
北條史也 高卒 2位
木浪聖也 社卒 3位

広島

梵英心 社卒 3位
田中広輔 社卒 3位

中日

荒木雅博 高卒 1位
井端弘和 大卒 5位
堂上直倫 高卒 1位
京田陽太 大卒 2位

ヤクルト

藤本敦士 社卒 7位
川端慎吾 高卒 3位
森岡良介 高卒 1位
大引啓次 大卒 3位
西浦直亨 大卒 2位
廣岡大志 高卒 2位

西武

中島宏之 高卒 5位
鬼崎裕司 社卒 3位
金子侑司 大卒 3位
源田壮亮 社卒 3位

ソフトバンク

川崎宗則 高卒 4位
明石健志 高卒 4位
今宮健太 高卒 1位

楽天

渡辺直人 社卒 5位
松井稼頭央 高卒 3位
西田哲朗 高卒 2位
茂木栄五郎 大卒 3位

ロッテ

西岡剛 高卒 1位
根本俊一 大卒 3位
鈴木大地 大卒 3位
大嶺翔太 高卒 3位
藤岡裕大 社卒 2位

日本ハム

金子誠 高卒 3位
大引啓次 大卒 3位
中島卓也 高卒 5位
石井一成 大卒 2位

オリックス

大引啓次 大卒 3位
安達了一 社卒 1位
大城滉二 大卒 3位

総合

高卒 20名 2.9位
1位 6人, 2位 3人, 3位 5人, 4位 4人, 5位 2人, 6位 1人

大卒 11名 2.6位
1位 1人, 2位 3人, 3位 6人, 4位 0人, 5位 1人 

社卒 10名 3.5位
1位 1人, 2位 1人, 3位 6人, 5位 1人, 7位 1人

41名 平均順位2.95位

一時期でもショートとして定着した選手はすべて入れているため、

ショート失格で他ポジションを守っている選手もちらほら。


高卒1位はやっぱり比較的信用できるけど、まあそれはどのポジションでも言えることだよなあ。

イメージ通り、社卒の3位は最近活躍してる人が多かった。

というか、何卒だろうがショート3位に謎の安定感がある。

社卒は絶対数が少ない割には人数が多いですね。

即戦力ショートは社会人がかなりトレンドみたい。

赤に限定した場合

高卒 10名
1位 4人, 3位 1人, 4位 2人, 5位 2人, 6位 1人

大卒 5名
1位 1人, 3位 3人,5位,1人

社卒 4名
1位 1人,3位 3人


高卒は下位でもわりかし出てくる。やはり大社卒は3位以内が安定か・・・


でもこれって、大社より高卒の方が絶対数が多いし、

ショートで指名された選手と順位・学歴と出てきた選手の割合まで出さないと意味がない気がしますね。

まとめ

でもまあ今回は、何位で何卒が多いのか?というおおざっぱなサンプルを出すのが目的だったのでこれで終わりとします。

サンプルは少ないものの高卒下位指名からもレジェンドはそれなりに輩出されている
ショートは3位レベルでも十分レギュラーになれる
社卒のショートは割合的に多め

だいぶおおざっぱになってしまったので、次回以降はもっと細かく見ていきたいと思います。

スラッガーは何位で何卒が多いのか?
2桁勝利投手は何位で何卒が多いのか?

など、今後いろいろなポジションやプレースタイルでサンプルを出していって、

ドラフト順位や経歴がどの程度影響するのか?を明らかにできればなと思います。

まあ多分どのくくりでも「上位が出てきやすくて下位が出てきづらい」は変わらないだろうけど。

相対的に見れば必ず特徴があるはず。

ということで、スラッガー編書きました。こちらもぜひ。


良かったらTwitterフォローお願いします!
普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村