【朗報】2020ヤクルト先発陣、ポジりまくれば意外とイケそう。

f:id:mequizball:20191208200401j:image

先発として新外国人・イノーアを取ったことで、来季先発候補の投手が出そろいました。

もう一人新外国人をとるらしいですが、僕的にはリリーフという読みなので先発候補はこれで確定だと思います。

 

そしてね、先発候補を見ていって僕は思いました。

これそれなりにいけるんじゃね・・・?

とね。

 

焼け野原だった2019から一転、2020は先発群雄割拠の新時代に突入します。

今回は、そんな豊富な先発ローテ候補の投手たちを格付けしていきたいと思います。

 

※先に格付けだけ紹介して下で細かく解説

S

石川 小川 スアレス イノーア

A

高橋 原

B

高梨 清水 吉田大喜

C

山田大 田川 大西

???

奥川

 

Sランク-開幕ローテ確定

・石川雅規 ・小川泰弘

・スアレス ・イノーア

※何事もなければ基本的に確定 という感じですね

石川雅規・小川泰弘

この2人は言うまでもなく確定なのでそこまで語ることもなし。

石川は200勝を目指さないといけないですし、

年齢的にも中6ぶん回しはキツイと思うので、

順調でも休みをちょくちょく与えられるのが理想

 

ライアンに関しては別記事を書くつもりでいるので省略。

 

スアレス・イノーア

実力的には間違いなくローテ入りは確定

イノーアは僕が前取り上げた通りで、日本では普通に通用しそうなため、

よっぽど日本の生活に合わないとか、ボールが合わないとか、

そういうことがなければ最低限の活躍はしてくれそう。

www.hiziri-ys.com

 

スアレスに関しても、2019の登板を見る限りポテンシャル的には7~8勝以上できるものがあるでしょう。

彼も減俸を飲んで背水の陣で2年目を迎えるわけですから、

しっかりコンディションを合わせて来年を迎えてくれるはずです。

高津監督から

「スアレスは非常にまじめでリハビリにも真摯に取り組んでいた」

という発言があったという記事も出てます。

 

Aランク-開幕ローテ濃厚

・高橋奎二 ・原樹理

 

高橋奎二

正直、確定で入りそうなポテンシャルがあります。

個人的に投手の最推し選手なのですが、ひいき目なしでこの位置には入るでしょう。

(人によっては樹理と順位は変動しそうですがそこは好みということで)

奎二に関しても別記事を書く予定があるため、詳細は割愛。

追記

書きました

2019成績:19先発 95.1回 4勝6敗 防御率5.76 QS率31.9%

 

原樹理

実力的には確定レベルなのですが、いかんせん怪我の具合が全く分からない

肩をやってしまい6月から行方不明になったらしいです。

奎二>樹理にしたのはこの肩の負傷が未知数だからというのもありますね。

大丈夫そうであれば開幕ローテには入るでしょうが、

流石に未知数すぎるため「濃厚」という位置づけにとどめました。

 

Bランク-開幕ローテ争い

・高梨裕稔 ・清水昇

・吉田大喜

 

高梨裕稔

今年はぎりぎりQSするか、爆発炎上しながら4-5回投げるかみたいな印象でした。

長いイニングを投げられるポテンシャルはあるはずなのですが、

突如コントロールがボロボロになったり、お得意の飛翔をしたり

大崩れが多かったですね。

BB/9(9イニング投げて何個四球を出すか)が約3.9

コントロールの悪さが指標にも如実に表れています。

 

ストレートで押していくスタイルなのに被打率が.300を越えているのも気になりますね。

シーズン後半にリリーフとして登板したとき真っすぐの質が先発時より良かったため、

来年はそのままリリーフに定着、なんてこともあるかも。

開幕時の先発・中継ぎの兼ね合いで起用がわかれそうな予感もします。

2019成績:78回 5勝7敗 防御率6.23 QS率35.7%

 

清水昇

大卒ドラ1として即戦力が期待されていたものの、

正直がっかり・・・っていうファンも多かったのではないでしょうか。

初勝利もお預けでいいとこなし・・・というシーズンでした。

 

しかし、来年こそ1軍で先発として投げてくれる可能性を感じさせてくれています。

なぜか?それはフェニックスリーグの成績です。

 

FL成績:28回 防御率1.61 四死球2 31奪三振

 

所詮2軍レベルやん・・・とはなるものの、

2019年の2軍成績が

90.1回 防御率4.48 四死球35 82奪三振

のため、FLはサンプルが少ないもののすべての指標で向上しています。

特にBB/9は約3.5から約0.6と大幅に改善

絶対的なコントロールが向上すれば、1軍で勝ちを稼げるようになるはずです。

 

FLの成績は過去記事でまとめています。

www.hiziri-ys.com

 

吉田大喜

期待のドラ2ルーキー。

パ・リーグぽい投手で、ヤクルトには縁がなさそうだなあと思っていたらまさかの指名。

実質ドラ1レベルで、直近の日体大投手は西武・松本、ロッテ・東妻がそれなりにやっているため期待値は高いです。

 

もちろん先発候補としてはそうなのですが、彼の場合リリーフ適性もあるため、

高梨と同じく先発・中継ぎの兼ね合いでリリーフスタートというのもありそうです。

開幕ローテ入りというよりは、「開幕一軍」を目指してアピールをしてほしいですね。

 

Cランク‐シーズン中のローテ入りか

・山田大樹 ・田川賢吾

・大西広樹

 

山田大樹

4-5回を無難にまとめてくれる、6月くらいからボロボロだったヤクルト投手陣の救世主

より実力が伸びればローテ入りも見えてきますが、

上記の選手が万全で山田が今年並みであれば谷間先発になりそう。

このレベルの投手を谷間先発にできるようになると投手にも余裕が出てくるかなという感じになりますね。

本人とファンの方には申し訳ないですが、現状の山田がローテでフル回転となると流石に投手陣がマズイ・・・。

 

コントロールが良いためある程度イニングを食ってくれることは期待できます。

3イニングくらいのロングリリーフというオプションも使えそうです。

 

田川賢吾

2019年の終盤に先発で初勝利を飾った田川。

終盤に出てきてそれなりに結果を残したあたり、2018高橋奎二とかぶりますね。

来年の僕的の期待値は50イニングくらい投げてくれれば・・・という感じ。

田川が期待以上の投球をしてくれると、より来季の投手陣が面白くなってきますね。

 

大西広樹

おそらくドラ3の杉山がリリーフになりそうなので、先発枠としてはドラ4の大西をあげました。

正直大卒ルーキー投手たちは開幕ローテというよりは開幕一軍を目指してほしい。

 

奥川の開幕ローテ入りは?

ここまで僕は奥川の名前を一切出していません。

なぜかというと、「どういう扱いになるかは完全に未知数」だからです。

松坂・マー君・藤浪のように1年目からバリバリ投げる可能性もあれば、

ロッテが「佐々木朗希は1・2軍合わせて50イニングしか投げない」と言ったように

ほぼ投げない可能性もあります。

 

ハムの吉田輝星今年1・2軍合わせて70イニングほどらしく、

僕はそれくらいにしておくべきなんじゃないかな・・・と思ってます。

どういう扱いになるかは全く読めないため、首脳陣がどうするかですね。

 

割とスアレス・イノーアにかかってるところはありますが、

コーチも変わり若手投手の台頭のがあればかなり面白い投手陣になると思うので、

せっかくなのでこの時期はネガるのではなく、期待しまくりましょう。

 

良かったらTwitterフォローお願いします! 普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


東京ヤクルトスワローズランキング