ヤクルト2020のリリーフ陣について考察!

f:id:mequizball:20191214144738j:image

先日、ヤクルト2020の先発ローテ記事を書きました。

 

先発は頭数自体は順調にいけば比較的よくなりそうですが、

リリーフはどうなるのか!?

 

今回は、僕が勝手に考える勝ちパターン・リリーフ起用法について書いていきます。

※獲得が予想される新外国人投手がおそらくリリーフなので、

獲得後記事を一部書き換える予定です

 

まず僕が独断で決めた、異論は認めないリリーフ陣序列を発表。

そこから諸々をピックアップしてお話を進めていきます。

 

S

石山

A+

梅野 マクガフ

A

五十嵐 近藤

B+

大下 風張 中尾 ジュリアス

B

坂本 久保 市川 星

C

長谷川 蔵本 平井 寺島

???

大卒ルーキー3人+高梨のリリーフ転向説

 

マクガフ-梅野-石山で決まり!

個人的に勝ちパはこの3人で決まりかなと思っています。

石山は万全であれば、守護神なのは確実。

梅野が来季どれくらい伸びるかで変わってくることはあると思いますが。

 

マクガフと梅野は正直序列的には同じくらいのレベルにあり、

マクガフの方が評価が上ということもあるとは思っています。

しかし、マクガフを7回にして梅野を8回にしたのは

「7回だと扱いが雑になりそうだから」です。

 

まずヤクルト先発陣が7回を投げることがめったになさそうなので、

比較的に7回のセットアッパー要員も動員が多いと踏んでいます。

そして、先発が早いイニングで降りてビハインド要員などでつないでいったとき、

9回に1点差とかだと勝ちパの7回要員が動員することもあるでしょう。

 

若くてまだまだ先が長く、勝ちパとしての実力も伴っている梅野は

登板する機会をできるだけわかりやすくして、準備などの負担を極力減らしてあげたいなという思考になりました。

 

2018は近藤・石山以外がどんぐりすぎて2人も雑な扱いを受け、

2019は全体的にぶっ壊れていて流動的な起用が多かったですが、

来季ビハインド要員の投手が伸びればそれなりにリリーフの戦力がそろうので、

勝ちパの投手は比較的登板機会が明確化するでしょう。

 

ブルペン改善のカギはビハインド要員の層にある

2019年は1軍レベルの投手が本当に少なかったです。

終盤はルーキーの坂本・久保平井・大下・星などが、

防御率が壊滅的な中ひたすら投げさせられていました。

 

もとはと言えば先発がイニングを食えなさすぎるのが問題なのですが、

ビハインドを任せられるリリーフ投手の駒すら足りなさすぎて、本来は僅差要員の近藤・五十嵐はもちろん

梅野、ハフ、マクガフにもしわ寄せがいきました。

16連敗中はそれが特に顕著で、

先発はやめに降りる→ビハインド要員だと試合にならないから序列が上のリリーフを毎日日替わりで登板→勝ちパも打たれる

という最悪の展開は来年以降は避けたい。

 

ここの枠で期待しているのが

2018年活躍した風張・中尾が復活すること、

なんだかんだ局地的には抑えている大下が通年活躍を見せること

この3人が最低限イニングを埋めてくれることができると、ブルペン事情も良くなります。

 

あとは、短期間お試し枠としての信用を得られる投手が若い投手たちの中から出てきてくれるとありがたいですね。

 

まずはビハインド要員に定着し、その中からまた更に信頼を得て勝ちパターン競争へと殴り込みしてくれると面白くなってくるのですが・・・。

2018中尾がまさにそれでしたね。

 

不足している左腕リリーフで台頭するのは誰だ!?

ハフの退団が決定となった今、1軍確定レベルの左腕リリーフが1人もいません。

先発候補には左腕は割といますが、左腕が重要なのはどちらかといえばリリーフ。

 

今1軍定着が期待されている投手を個人的な序列で並べていくと、

中尾 16年ドラフト4位

ジュリアス 15年ドラフト4位

坂本・久保 18年ドラフト5・7位

長谷川 16年育成2位(ホークス)

寺島 16年ドラフト1位

 

こんな感じでしょうか。

上4人はフェニックスリーグでも結果を残しています。

中尾・坂本は特に三振をとれてましたね。

※フェニックスリーグの成績は過去記事でまとめてます

 

ジュリアスはウインターリーグでも結果を残していましたし、

左不足というのもあって支配下登録は近いのではないかなと。

 

ジュリアスは先発適性もかなりありそうですが、

リリーフ左腕不足ということも考えてリリーフスタートでいってほしいかな。

 

どうでもいいけど、坂本ってすげぇ美馬に似てるよね。

 

個人的な期待枠・市川悠太

僕が来年台頭を期待している若手が市川悠太です。

今のヤクルトには貴重なサイドスローの2018年ドラフト3位。

 

同じサイドスローの高津が1軍監督となったので、

1軍になるべく帯同できるような実力をつけて、指導してほしい。

 

ドラフトで津森(ソフトバンク3位)がほしいって言ってたのも、

高津監督と同じサイドで、今のヤクルトに少ない変則投手をおいておくと

何か起きるんじゃないか!?っていう僕の妄想。

 

市川は高卒のルーキーシーズンだったため2軍でもそこまで投げていませんが、

ポテンシャルを感じさせる投球は見せています。

 

梅野も2年目にはある程度台頭してきたので、

来年は市川も徐々に1軍で登板できるようになるとブルペンも面白くなりそうですね。

 

高梨のリリーフ転向はある?

ここまで見てきて皆さんも改めてお気づきでしょうが、

層が薄すぎる・・・。実績がある投手が少ない・・・。

現有戦力とルーキーには上澄みしかないのでそれ自体には期待が持てるのですが、

期待通りの成長・活躍をしてくれるかどうかはまた別問題。

 

ということもあり、高梨のリリーフ起用論を提唱します。

高梨は終盤リリーフとして投げており、

11.2イニング 防御率3.21 自責点4 7奪三振 与四球3 被本塁打1

とまずまずの数字。

真っすぐの質も先発時より良くなっているように見えたため、

来季はリリーフ登板を中心にしてもいいかな、と・・・。

 

ただ1点を争う終盤に被本塁打率が高い高梨を起用するのは怖さがあります。

コントロールにもやや不安はありますし・・・。

このリリーフ期間ではそこまでですが、通算で見ると奪三振率が高いので

そこはリリーフ適性があるかなといったところです。

 

先発ローテとの兼ね合いで先発・中継ぎと雑な扱いになってしまう可能性もありますが、

よく言えば柔軟な起用が高梨を活かす「かもしれません」

 

正直結局リリーフはそこまで層が厚くないというのが現状。

期待値が高いといってもルーキーに過度な期待をするのは良くないですし、

現有戦力のうち誰が台頭するかを楽しみにするスタンスでいこうかなと思ってます。

 

良かったらTwitterフォローお願いします! 普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


東京ヤクルトスワローズランキング