2020ヤクルトは「つなぎの4番」?可能性を探ってみる

f:id:mequizball:20200111191625j:plain

先日の記事で、高津監督が
「つなぎの4番」を提案しました。

確定というわけでもなさそうですし、
村上に4番を打てる選手になってほしいという発言も高津から出ていますが、
開幕時点では村上が4番にならず、つなぎの4番を採用するのであれば誰が4番になるのか?
考察していきたいと思います。

そもそも4番は村上派

まず初めに言っておきますが、僕は4番は村上でいいと思っています。

つなぎの4番にしてもそこまで打線がつながるイメージが見えないのと、
他の4番候補と村上でそこまで大きな差はないかなと思っているからです。

なにより、2青木3哲人を崩したくないというのが1番大きいです。

(打線に関しては開幕スタメン記事の方で詳しくお話ししているので、そちらを見ていただければなと思います。)


ただ今回は「つなぎの4番」についての記事ということで、
それぞれの可能性について考察していきます。

①4番・青木

つなぎの4番で青木というのは2018年シーズンの開幕から実際に組まれましたね。
しかし結局噛み合わず、2番青木を開拓したことで打線が落ちつきました。

僕はこのイメージが強いので正直4番青木は反対派です。
ただこのころは青木が日本にアジャストする前だったので、来年やってみると意外と噛み合うということもあるかもしれません。
(ってYouTubeのコメント欄で教えてもらい、その通りだなと思いました)

4番青木に反対する理由がもうひとつ。
1-3番の組み方がイマイチになるという点です。

4番青木にする時点で3番山田哲人もほぼ確定になるでしょう。
なぜなら、1-2番に哲人をおいてしまうと3番に座る選手がいなくなるからです。
3番村上にするくらいなら4番村上で良くない?という話になりますしね。

3哲人4青木5村上にする場合、1-2番が計算できない選手で埋まることになります。
近代野球で1-2番の両方に打撃の弱い選手をおくのは微妙かな・・・。

逆に言えば、1-2番にそれなりの選手を置ければ悪くはないかもしれません。
坂口が怪我前くらい打てたり、塩見・太田・廣岡あたりが覚醒したりすれば上手く回る可能性はあります。

ただ現状の戦力で4番青木の打線を組むと1-2番がどうしても弱くなってしまうので、
現時点では反対、となります。

開幕から1-2番においた選手が活躍すれば・・・といったところですね。

②4番・雄平

どうしてもつなぎの4番で打線を組めと言われたら、僕は当初4番雄平を想像しました。

4番雄平自体に魅力があるわけではありません。
雄平はそもそも4番打者タイプではないですし、得点圏打率も2019年は2割ちょっと
(2018年は3割乗ってたので何とも言えないですが)
そして雄平は早打ちなので、哲人の盗塁アシスト という面から見ても良くないですね。(と、これもコメント欄で教えてもらいました)

4番雄平で考えた理由は本人の適正ではなく、上位打線の組みやすさというところにあります。
4番雄平であれば2青木3哲人と綺麗に並べられますよね。
バレンティンが抜けて打線はどうやっても弱体化する中、僕は4番を重視するよりは2-3番を重視したいなと思っていて、
そうなると消去法で雄平を4番におく形になるかなと考えました。
つなぎの4番であれば雄平、そうでなければ村上。
2-3番は絶対に固定したい
というのが僕の意見です。

③4番エスコバー

何かの記事の開幕スタメン予想で4番エスコバーが採用されているのを見たのでこちらにも触れていきます。
エスコバーに関してはAAAでも突出した打撃成績を残しているわけではないですし、
NPBで打撃が通用するのかはまだ未知数なところが大きいです。
そんな打者を開幕から4番に据えるのはちょっと・・・ というのが僕の意見です。
僕は開幕6-7番くらいが妥当かなと思ってます。
足がそこそこ速いみたいなので、もしかしたら1-2番に抜擢される可能性もあるかもしれません。

④それ以外

それ以外の選手を4番に置くことはないと思っています。
理由は、「つなぎの4番」という観点で見ても村上より明確に優れた打者がいないからです。
塩見中山廣岡が覚醒すれば・・・ということはありますが、現段階で考慮するべきではないでしょう。
覚醒が現実になった場合のシーズン中に考えればいい話です。
4番である以上それなりの長打力は求められると思うので、
もし坂口が復活したとしても4番におくことはないかなと思います。
哲人4番は「つなぎの4番」というところからは外れるので今回の記事では触れません。

結論

記事を書いていった上で、つなぎの4番の組み方として僕が良いと思ったのは
①(1-2番の打者が期待できそうという前提の)4番青木
②4番雄平
③(1-2番が微妙そうなときの)4番青木

という順番でしょうか。

最近のどこかの記事で青木が「シーズン中に戦力を固めていく形になると思う」的なニュアンスの話をしていましたし、
打線もどんどんいろんなものを試していくことになりそうですね。

僕的にはつなぎの4番は反対なのですが、実際には打線がうまくはまることもあるでしょうし、
序盤は首脳陣が思うように試行錯誤してくれればいいなという感じです。


YouTube版はこちら。
チャンネル登録もよろしく!



良かったらTwitterフォローお願いします!
普段のツイートに加えてYouTubeやブログの更新報告もしてるのでぜひ!!


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

東京ヤクルトスワローズランキング